2013年2月18日月曜日

モバイルPCを分解したり組み立てたりするときに使う便利な道具を2つ紹介




EeePC Seashell 1015PDのHDDがお亡くなりに。最近あんまりお金を稼げて無いのでモバイルPCを新調する計画は来月以降に持ち越して、流用も利く事だしintel製のSSDに換装してもうしばらくこのPCを延命する事にしました。

私がとあるPCショップで持ち込み品の修理を担当していた頃から使っている、今回は特にモバイルPCを分解したり組み立てたりする作業に役立つ便利な道具を2つ紹介したいと思います。


この写真に写っている道具は、
  • ドライバー
  • ピックアップツール
  • ソルダーアシスト
の3つ。ドライバーは特に紹介するまでも無く必須なのでさておき、もしかしたら知らない方も居るかもしれないピックアップツールソルダーアシストについてちょこっと紹介。

ピックアップツールは写真の真ん中あたり、ドライバーよりも手前に写っているピカピカの棒状で先がちょいと折れ曲がってるものです。この長い棒状の部分は伸縮して長くできます。そして折れ曲がっている部分は自由に角度を調節できます。そしてこの道具の真髄は折れ曲がった先端にちょっと強めの磁石が仕込んである事。写真でも鉄製の螺子がかちっと磁石の力でくっついています。

このピックアップがあると、ドライバーで緩めた螺子を簡単に螺子穴から回収できて便利。それから、隙間に落ち込んでしまった螺子があっても簡単に回収できます。

PC自作やハードウェアの簡単な換装などのメンテナンスをされる方は1つ持っておくと効率的に作業できて嬉しくなるかもしれません。

もう1つ紹介するのは使わない方にはレアアイテムかもしれないソルダーアシスト。知ってる方には、なんでPCのちょっといじりくらいで使うの?って思わるかも。でも経験上これが一番良いと思うんだ。

ソルダーアシストは読んで字の如しであれば、ソルダー(はんだ)のアシスト(補助器具)です。実際本来の用途としては、半田付けやその除去であったり電子工作の配線周りに使う道具です。本来の用途と種類についてはこちらとか見ると良いかも。

ではそのソルダーアシストモバイルPCの分解や組み立てのどこに便利に使うのかと言えば、モバイルPCにありがちな「爪」による部品の接着をひっぺがすのにこれが一番便利なんです。

今回のEeePCも螺子を外しただけではさっぱり分解できません。プラスチック部品とは言え、しっかりがっちりと噛んだ爪を押し込んだりひっペがしたりするには、爪楊枝や竹串どころか、マイナスドライバーも下手をすると曲がったり折れたり欠けたりしちゃいます。

太いマイナスドライバーを使えばいいじゃないって思うかもしれませんが、太いそれは部品の合間に差し込んだり小さな爪の押し込み口に入らなかったり、かといって細い精密ドライバーなどは材質が貧弱過ぎてプラスチックの爪ごときと侮ってはドライバーの方がダメになってしまいます。

そこでソルダーアシストの出番です。

特によく使うのはスクレイパーナイフと呼ばれるタイプ。それからリムーバーニードルも時折。一般にホームセンターで見かけるソルダーアシストはその本来の用途からも小型細身で取り扱い易く、それでいて容易には折れ曲がらない強い素材でできています。モバイルPCの爪をいじるのにしか使わなくても持っておくと結構便利だと思いますよ。

…これはホームセンターで見かけるセット品はちょっと高いんだけども。

0 件のコメント:

コメントを投稿