2013年3月16日土曜日

ごめんね、わたし、アドミンくんと違って・・・セントくんとは仲良くできない運命なの・ヮ・;

プロジェクト演習の面倒を見ている学生のチームの1つにスケジュール管理システムの開発をしているところがある。

諸事情により、Client:{HTML+CSS+JS}+Server:{Apche+PHP}+Server{MySQL}の一応3層構成のシステムでサーバーOSはCentOSを使わねばならないという事になっている。

( ´_ゝ`)・・・つまらん・・・

差し当たり試験用のサーバーをCentOS-6.4で用意する事にしたのでそのメモ。
  • CentOS-6.4
    • Linux Kernel 2.6.32 (執筆時点)
RHEL-6.4互換でコミュニティがソースからビルドして再構成したのがCentOS-6.4。あまり冒険はしない&赤い帽子社のサブスクリプションなんて要らないっていうアドミン属の生き物の日常食の1つ。一般に安定志向で良い意味で枯れたGNU/Linuxディストロだが、プログラマーに食べさせると稀に発狂するのでごく稀に注意が必要。
  • minimal-ISO→USBマスストレージデバイス
    • dd if=.iso of=/dev/sdx
      • ・・・おいこれ・・・なんか違うぞ^^;
    • 手作業でインストーラー作成
      • fdisk --> mkfs --> syslinux --> …
いまどきGentooでもUSBマスストレージデバイス対応の焼くだけ.isoを用意してるのに、久しぶりに手作業でUSBインストーラー作った(;´∀`) Gentooと違って"インストーラー"そのものはグラフィカルでほぼ全自動のアプリ付きだけどー。
  • minimal版
    • ファイルシステムをお任せ構成にすると
      • LVMでまとめられるだけ(;´∀`)
    • セットアップ直後から導入されているアレコレ
      • bash
      • dhcp-client
      • sshd
      • sudo
      • vim
      • yum
続いては、入れないと仕事がアレゲなソレコレ:
  • yumで入る
    • apache
      (但し 2.2.15 (;´Д`)
        ついでにパッケージ名が httpd なのがややいまどき感)
    • boost
      (但し 1.41.0 /(^o^)\
    • cmake
    • dovecot
    • gcc
      (但し 4.4.7  \(^o^)/
    • git
    • php
      (但し 5.3.3 (;´Д`)
    • postfix
    • procmail
    • python
    • ruby
    • spamassassin
    • w3m
    • zsh
ちなみに、パッケージが用意されていないからCentOSで使うと手間が掛かるナニコレ:
  • astyle
  • clang
  • colorgcc
  • darkhttpd
  • distcc
  • erlang
  • ghc
  • lighttpd
  • mono
  • nginx
  • ninja
  • nodejs
  • omake
  • qt4
  • unbound
以上適当に思いついてsearch/infoしたパッケージの皆さん・・・とても、絶望を感じる。OS標準のパッケージマネージャーが役に立たないLinuxなんて・・・Windowsより精神的にマシかもしれないだけじゃないですかーやだーー・w・

キエェェェエエエエエ!!メンドクセー(;´Д`)


と、言っても今回は開発機じゃなくて簡単で比較的レガシーな技術水準のhttpベースのシステムを設置する試験サーバー機なので実はそれほど問題は無いのだけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿