2013年4月6日土曜日

NVIDIA OPTIMUS on Linux Mint 14

  • spec: NR73650FBDGS/custom
    • CPU:
      • intel i7 3610QM
    • MEMORY:
      • DDR3 8GB
    • GPU:
      • NVIDIA OPTIMUS
        • intel HD4000
        • nVidia GeForce GT640
    • DISPLAY:84
      • LVDS 15.6"/Full-HD
    • DRIVE:
      • intel SSD 330Series 120GB
GNU/LinuxでOPTIMUS搭載機を扱うにはBumblebeeを導入する必要があるらしい。
導入して`export vblank_mode=0`した上で`glxgear`と`optirun glxgear`を比較。optirunのドライバーはプロプライエタリーの304.84(執筆時点のディストロリポジトリー版)を使用。


左側がHD4000、右側がプロプライエタリードライバーによるGT640Mなのだが…、GT640Mの性能がHD4000の25%も出ていないという結果に。

Bumblebeeにはprimusというvirtualglを代替する新機構が実装されたらしいので、Bridgeをprimusに切り替えて試してみる。


著しく性能向上した、かのように思えるのだが、それでもそもそもHD4000の半分にも満たない性能しか出せないGT640Mという謎の状況。

0 件のコメント:

コメントを投稿