2013年5月19日日曜日

libWRP-SQLite3: C++ SQLite3 wrapper library


作りましたヽ(´ー`)ノ
使い方はかんたん!なつもりで作ったので、

特徴もREADMEに書いてあるのだけど日本語で下記へ。
  • シンプルに使えるよ
    • ctorでオープンするよ
    • データベースとステートメントは全自動で閉じるよ、RAIIなdtorでね
    • 使えるよ execute
    • 使えるよ prepare、 bind、 reset
      • bind と reset は チェインできるよヽ(´ー`)ノ
    • 低レベルな制御も使えるよ; 例えば step、 data_element、 data_row
  • 翻訳時の最適化にフレンドリーだよ
    • かわりに、翻訳時に不確定性な用途には向かないけど
  • ヘッダーオンリーだよ
    • ヽ(´ー`)ノ
  • C++11 標準に沿ってるし、C APIもしっかり封印してるよ
    • enum class へとCPPの#defineから書き換えてあるよ
    • std::tupleをデータの行に使ってたり
    • C APIは名前空間WonderRabbitProject::SQLite3::Cに封印されてるよ
今回は諸事情もあってはじめからREADMEやexampleがわりとまともだったり、まださっぱり書いてないけどDoxygenちゃんと使ってたり、いつもよりは初期からユーザーフレンドリー気味になりました^-^

0 件のコメント:

コメントを投稿