2013年5月3日金曜日

Linux Mint 14 + Raring で TypeScript 処理系を用意する


連休明けからのJavaScript講座の補助資料としてのエントリーです。

手順
  1. `sudo apt-get update`
  2. `sudo apt-get install nodejs`
  3. `sudo apt-get install npm`
  4. `sudo ln -s nodejs /usr/bin/node`
  5. `sudo npm install -g typescript`
解説
  1. aptパッケージマネージャーのリストを最新状態に更新
  2. JavaScript処理系のnodejsを導入
  3. nodejs用パッケージマネージャーnpmを導入
  4. `cat =tsc`と`find /usr/bin -name "node*"`を見れば気付く
  5. TypeScript→JavaScript翻訳器のtscをnpmで導入
諸注意
  • 4.は何故debian系ではパッケージ名からしてnodejsなのか考え自己責任で行う事。
    • `sudo sed -ie "s/node/nodejs/g" =tsc`でもtscコマンド自体の実行は可能となるが…。
参考

0 件のコメント:

コメントを投稿