2013年6月12日水曜日

Microsoft Office 2013 / Office365 ProPlus

主デスクトップ環境をWindows8Proにした。それでMicrosoft Officeも使おうとパッケージを検討することに。

Microsoft Officeが素晴らしい機能群とUXを備えた優れたアプリケーション(ソリューション)である事はいまさら言うまでも無い。不自由なソフトウェアだが、優れたソフトウェアで大きな価値がある事に違いは無い。

さて、選択肢は、

このどちらか。

Word,eXcel,PowerPointは高い使用頻度を期待される。Outlookは無ければ無いでどうでも良く、Lync,Access,InfoPathは確実に不要、Publisherはあれば使う事もありえる程度。




Office365 ProPlusの方が素敵なんじゃない?と思ったポイントは

  • AccessとかPublisherも必要になれば何時でも使える
  • Home&Buisinessを1つ買う金額でOffice365ProPlusは3年間契約できる
    • 3年も経てばOfficeはバージョンアップする。
    • Home&Buisiness優待アップグレードは25,000[円]
      • Professionalだと37,800[円]
  • 余裕のPC5台まで対応
  • SkyDrive Proがおまけでついてくる

実際に試用してみると、オフラインアプリケーションのインストールもウェブサイトからインストーラーを回収して実行するだけ。特に苦労無くパッケージ版を購入したのと変わらない状況にセットアップできました。

久しぶりにMicrosoftのOfficeを使用しましたが、やはりMicrosoft Officeは良いですね。作業効率も良く、楽しく快適に使用できます。特に不便を感じなければこのままOffice365 ProPlusを年間契約して使いたいと思います

…ちなみにサーバーは相変わらずopenSUSEを愛用中ですよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿