2013年6月28日金曜日

Windows 8.1 preview を入れて、そしてWindows 8に戻した

Windows 8.1 pro previewを導入して何か環境が悪くなるとは思いもよらずホイホイとメインPCに導入してみましたが、Windows 8 proに戻しちゃいました。

導入後の不満点:

  • Windows 8で動作していたアプリが動作しなくなった
    • FEZ(互換モード設定も意味なし)
    • intel small buisiness advantage
    • DirectX SDK(インストーラー)
  • スタートボタン要らん(しかも消せない)
  • ドライバーがMSデフォルトに変更される
    • GPU
    • XBOX360コントローラー(しかも非標準ドライバーの設定は消し飛ばされた)
  • 消してたのにしつこくタスクバーやスタートメニューに許可無く勝手に復活してるIE
  • システムの復元では戻せない

導入中の不満点:

  • 裏で勝手に導入しちゃうねー作業とかしてても大丈夫だよーとか初めておきながら実際再起動要求からはガチOS入れ直しみたいなもので時間も掛かる


導入後に嬉しい楽しい事は実際問題で言うと1つもありませんでした。まあ、SkyDriveがExplorerから統合的に扱える様になる点は便利だけど、ふだんDropBox(およそ30GB)を使っている事もありOffice365 ProPlusを導入しているとは言え、今更どうということは…。


スタートボタンとかそもそも要らないので表示が増えて邪魔に思ったくらいですし、日本語フォントが増えてもそもそものレンダリングが綺麗になるわけではありませんし、細かいUX向上もほぼOS入れなおし状態にまでしてやる価値があるほどの感動体験というわけでもありませんし、D3D-11.2とか実際問題ユーザーとしての実用性はまだありませんし。

previewじゃなくなる頃には少なくともWin8で動いてたアプリが動かなくなるとかドライバー周りがリセット&設定消滅するとかシステムの復元で戻せないとかは止めて欲しいですね。

今日からせっかくFF14ARR-CBT3-3もありますし、余計な不具合で素晴らしいエンターテインメントのユーザー体験に水を注す事になってもストレスフルですし、さっくりWindows 8.1 pro previewからWindows 8 proに戻しました。

私にとっては不慮の不満点が大きかった事もあり、8.1の特徴である細々としたユーザビリティやUXの向上は霞むどころか掻き消えた感じです。Microsoft Officeとウェブブラウザーとメーラーくらいしか使っていないユーザーかつMicrosoftの想定するITプロフェッショナルでなければWindows 8.1 pro previewの現状では試さない方が良さそうです。残念。

0 件のコメント:

コメントを投稿