2013年8月1日木曜日

FF14ARR ベンチマーク(キャラクター編) : いにしえのGPU "RADEON HD5870"でもFHD最高品質でスコア7226(非常に快適)を確認してしまいました。

なんとゆー「でちゃった(*ノω・*)テヘ」感: 

CCCで設定可能な最大限のOC状態のRADEON HD5870:

まさかのRADEON HD5870で、新生FF14オフィシャルベンチマーク(キャラクター編)の最高品質FHD設定でスコア7226(非常に快適)が出てしまうとは=w=;

RADEON HD5870はDirectX11世代最初のGPUで、もちろん当時はフラッグシップモデルではありましたが…、なにせ2009年の話ですよ、そんなの。今から4年も前の事です。今では中古で8000円弱で売られている程度のGPUです。

ところが腐ってもこのスコア…7226…?!

GTX TITANにしようかー、GTX 780で十分かなー、とか言いながらおそらく最後にとったベンチマークで。いやはやー、ちょっとうるっと来ちゃいますね。いままでありがとう、RADEON HD5870。いろいろ不満もあったけど、これまでに使っていたGPUでは一番(たちの)いいやつだったよ。

ちなみにCCCのデフォルト設定ではコア850MHz、メモリー1200MHzに制限する様になっています。これをコア900MHz、メモリー1300MHzまで許容する最高のパフォーマンス設定で試したわけですね。

デフォルトの設定での結果はFHD最高品質でスコア6865(とても快適)でした。カリングやLODを有効にした事実上プレイする際のカスタム設定では7181(非常に快適)となります。



とは言え、GK110世代の製品もQuadro K6000(GK110/15SMX)TITAN(GK110/14SMX)GTX 780(GK110/12SMX)と出揃って来ましたし、GTX 7xx世代とGK110コアの動向も見えて来ました。またNVIDIAが本気を出してからというものDirectX11世代のGPUではRADEONは安くてそれなりの位置に落ち着いています。

また、実際問題としてはベンチマークスコアは優秀な記録を残したRADEON HD5870も、実際のシーンではフレームレートの低下を感じる部分もさすがにあり、1フレームも気にかける事無くFF14ARRの世界を楽しむにはやはり先に例を上げたGK110世代の新型GPUへの乗り換えが必要だろうとは思います。

逆を言うと、「1フレームも気にかけず」とまでは言わないならば、これと同程度のGPUでもFF14ARRはまず十分に楽しめそうとも言えます。

参考として、

これらの情報を考えれば、DirectX11世代の初期~現行のGPUをシリーズ別に列挙すると、
  • GTX470、GTX480
  • GTX560、GTX560Ti、GTX570、GTX580
  • GTX650Ti、GTX660、GTX660Ti、GTX670、GTX680、GTX690
  • GTX760、GTX770、GTX780、GTX TITAN
  • HD6950、HD6970
  • HD7790、、HD7850、HD7870、HD7950、HD7970、HD7990
これらならばだいたい何れもFF14ARRは「非常に快適」かそれ以上の体験が得られるのではないかと思います。

惜しい感じになるんじゃないかなーと思われるのは、HD6870、HD7770、GTX460とかそこら辺かな。

ちなみに、今回の私のベンチマーク環境は、intel Core i7-4770@定格とElixir W3U1600HQ-8GC11をDual-channelで16GB搭載したASRock Fatal1ty H87PerformanceにWindows8Proを導入して行なっています。

…蛇足として、このintel Core i7-4770クラスのintel曰く「ちょー性能いいよ!」な内蔵GPUですが、3DMark11のExtremeスコアはHD5870の0.22倍ほどです…。線形比例するならばFF14ARR最高品質FHDベンチマークのスコアは1500~1600くらいかなー…。AMDのA10-6700内蔵のHD8670DでもHD5870の0.27倍ほどの性能の様ですので、同様に線形比例すると仮定するならばFF14ARRベンチマークのスコアは1900~2000くらいかな。何れにしてもさすがにFHD最高品質では厳しいでしょうね。(QHD解像度なら最高品質でもそれなりには快適にプレイできるくらいだと思いますよ)

0 件のコメント:

コメントを投稿