2013年8月3日土曜日

一般公開: Gentoo Install Battle 2013 解答編


7月に学生向けにGNU/Linux講座で行ったGentoo Install Battle 2013の解答編を一般公開しました。

実際の講座中でのお題は「最小構成インストーラーを使い、X、一般的なデスクトップ環境、ウェブブラウザーまで導入して仮想マシンホストとゲストでhtml5ベンチマークをしてみましょう」といったものです。講座の対象学生は基礎的なネットワークやプログラミングなど、初級程度の知識を持った、GNU/Linux初学者たちです。

もちろん、突然Gentooインストールしましょうというものではなく、その前にGNU/Linuxの概説や基礎的な仕組みとコマンドの使い方やman、シェルスクリプトなどをCentOSやUbuntuを使わせながら軽く教え、それからのGentoo Install Battleです。

GNU/Linux初学者向けの講座でGentoo Install Battleを取り入れた理由はハードウェア、ソフトウェアについての基礎知識の確認や広がり、実践としてのコマンドの使い方、一般的なユーザーが使っているだけのOSの裏側を覗き見る事、GEEKなセンスに目覚める学生が居たら面白い、などなどです。

講座では日本語訳された2008年頃の資料を「古い」事を十分に注意しながらこれを基に進め、時には必要に応じて最新の英語資料を読んだり、先生にヘルプを求めながら、またなぜその手順でそのコマンドをそのように使うのか、なぜそのような設定を行うのかなど予備知識を十分に脱線して蓄えながら進ませました(つもりです)。


今回公開した資料は、課題提出期限も過ぎましたので予備知識の補充などはすっ飛ばしてのとりあえずの必要最小限の手順書を丁寧にまとめたものです。やはり課題を完了できずに悔しんで居る学生も居らっしゃると思いましたのでそれを補う目的で解説ではなく手順書を作成した流れです。

0 件のコメント:

コメントを投稿