2014年1月3日金曜日

C++ tips: 部分コードの処理時間をぱっと測りたい時、 print_time()

[部分コードの処理時間をぱっと測りたい時 print_time()]

リアルタイム性の高いアプリ作ろうかなって思うと部分コードの処理時間をぱっと測りたい時ってあるよね。そんな時はこんな具合で測っています。

git clone https://gist.github.com/8222513.git print_time
cd print_time
c++ -std=c++11 example.cxx
/a.out
time of example: 1000087 [us]

ちなみに、「狙った部分コード」ではなくてアプリのボトルネックはどこか解析したい場合などは素直にプロファイラー(gprofとか)を使いましょう。

[gprofを使う例]

g++ -pg hoge.cxx
./a.out
gprof ./a.out gmon.out

0 件のコメント:

コメントを投稿