2014年1月6日月曜日

metaseq から k3d へ: 操作の対応関係・・・を調べていたけどk3d使うのは止める事にしました(´・ω・`)

  • metaseq: p --> k3d: マウスでGUIのCreateをクリック
    • プリミティブ作成
  • metaseq: c --> k3d: e
    • 回転
  • metaseq: v --> k3d: w
    • 移動
  • metaseq: q --> k3d: r
    • 拡大縮小
  • metaseq: e --> k3d: ?
    • 掃引
  • metaseq: s --> k3d: q (対象をクリック)
    • 選択
  • metaseq: r --> k3d: q (対象エリアとドラッグアンドドロップで選択)
    • 矩形選択
  • metaseq: g --> k3d: ?
    • 投げ縄選択
  • metaseq: b --> k3d: ?
    • マグネット
  • metaseq: k --> k3d: ?
    • ナイフ
  • metaseq: shift + click -->: k3d: shift + click
    • 部分的な選択追加
  • metaseq: ctrl + click -->: k3d: ctrl + click
    • 部分的な選択解除
  • metaseq: ctrl+q: --> k3d: ?
    • オブジェクトパネルを表示
  • metaseq: ctrl+m: --> k3d: ?
    • マテリアルパネルを表示
対応を調べて使いこなせるようになってみようかと思ったのだけど、この辺りでk3d使うのはやめようって思いました(´・ω・`) まだBlender使ったほうがよっぽどいい・・・。

k3d、高機能そうに思えたけど、やたらと何かと設定が無駄に細かくて何でも表示してるだけだったり、操作方法まったくよくわからないドキュメントしか無かったり、学習コストが高い割にBlenderでいいじゃん的な程度にしか思えない(´・ω・`)

0 件のコメント:

コメントを投稿