2014年4月13日日曜日

C++, GLFW3: GLFW3 はじまりのひな形、キーボード入力受け付ける小窓編

GLFW3の自分流のひな形かいてみました。

code:



build:
clang++ glfw3_key_sample.cxx -lglfw3 -lX11 -lGL -lXrandr -lpthread -lXxf86vm -lXi -lXcursor
GLFW公式のGetting startedを上から読みながら実装を書いていったはずなんだけど、出来上がったひな形はそこそこ違いました。とは言え、私のひな形では問答無用のC++11サンプルモードって事くらいでもちろん、同じ内容の実装になっています(╹◡╹)

BOOST_SCOPE_EXITは、このサンプルであれば std::atexit に置き換えてしまっても問題ありません。

また、冒頭でEmscriptenの#ifdefがありますが、いまのところ対応していません。Emscripten-1.14現在ではGLFW3への対応が完了していません。もし、GLFWをEmscripten-1.14で扱いたいとなれば、GitHub/EmscriptenのGLFW3のPull-reqを参考にemscriptenをビルドすると、ものはできているみたいなので上手くGLFW3対応できるかもしれません。(試してません・w・)

実行中はキーボードイベントが発生するとエラー出力にキーボードイベントの情報を出力します。



これを基にGLFW3をゲームエンジンのサブシステムとして扱う為、必要なGLFW3 C++ wrapperとサブシステムとして使い易いようなクラス化をこれから行います。

0 件のコメント:

コメントを投稿