2014年6月18日水曜日

Ubuntu-14.04(x86_64) に Android Studio (など)で SDK マネージャーから Platform-tools( adb, fastboot )や Build-tools( zipalign ) など導入したSDKツール群の一部が使えないときの対処方法

発生する条件:

Ubuntu-14.04 ( x86_64 ) をOSとして使っている。

発生する状況:

Android Studio-0.6.1 (など)で SDK Manager から Platform-tools (adb, fastboot, etc.) や Build-tools ( zipalign, etc. ) を導入する。

発生する問題:

adb, fastboot, zipalign などが一見すると正しく導入されているが実行できない。

問題の原因:

SDK Managerで ELF 32 バイナリーが導入されてしまう。


解決方法A:

apt-get install android-* 各種パッケージで動作しない ELF 32 の adb などを置き換えてしまう。( apt-get で導入できるそれらは ELF 64 )

解決方法B:

ELF 32 を実行できる環境にする(わたしはこちらをおすすめ)

apt-get install lib32z1 lib32ncurses5 lib32bz2-1.0 libstdc++6:i386


Android Studio(と付属のSDKマネージャー)で問題なく動作するようになります。

0 件のコメント:

コメントを投稿