2014年11月9日日曜日

nghttp2 vs. h2o; それぞれの HEAD を h2load とさくらのクラウドとうちの子で比較してみました

ベンチマークしたら完全にh2oがnghttp2よりも高速という結論になるのかな、と思っていたらそう単純でもなかったのでデータを表に整理。




初めにhttpsでデータを取って、とくにさくらのクラウドの結果から、h2oってnghttp2よりも少々遅い程度なのかと思いました。しかしhttpとなるとさくらのクラウドでは圧倒的に速い結果に。

また、nghttp2ではhttpsとhttpで差が出ないことから、少なくともSSL処理以外により大きな速度的なボトルネックがあるよう。h2oではSSLが大きなボトルネックになっていて、結果、httpsで比較してしまうと差がないかやや遅いくらいになるよう。

nghttp2ではスレッドを増やすのが簡単で、CPUとメモリー相応には効果がでる模様で、-n オプションの値増加に伴ってうちの子では性能が向上、1[core-CPU] 1[GB-RAM]のさくらのクラウドでは -n を増加しても性能低下する結果で、これは納得。

まだ何れもプロダクトとして成熟していないし、そもそもHTTP2もdraft段階なので、どちらも今後の改善を期待できるかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿