2015年10月15日木曜日

世界樹計画試作1号機の栽培層フレームを作成

Abstract

世界樹計画試作1号機を組み立てました。栽培層の部品の組み立てについて記録します。また、ついでに試作1号機の状況をほぼリアルタイムにustreamで配信する試験も始めてみました。

Parts

  • 収納用間仕切り
  • 園芸用純銅鉢底網
  • テグス

Assemble

間仕切りを組み立てます。試作1号機の水槽の面は60cm×30cm規格ですが、内寸はガラスの厚みがありますので余裕も考慮して実質的には58cm×28cm程度です。

試作1号機では間仕切りを7cm×7cmの部屋が8×4=32部屋できるように組み立てました。間仕切りの組み立て後に扱い易いようにテグスで固定します。

7cm×7cmで部屋を作る

8×4=32部屋

間仕切りの部屋の底へ園芸用純銅鉢底網をテグスで固定します。

園芸用純銅鉢底を取り付ける

これだけ。試作1号機ではこのフレームも何度か分解して組み立て直す可能性も高いかと思い、すべてテグスで固定しました。しかし、ちまちま作業するのも疲れてしまうのでホットボンドくらい使っても良かったかな、と思います。

また、今回はこの栽培層を適度な高さに設置する方法として3通り考えました。

  1. テグスで吊る
  2. 発泡スチロールで浮力を得る
  3. 足を付ける

フレームだけでも水に沈む程度の重量はありますが、ここにバーミキュライトに植えたお野菜がすくすくと育つ事を考えると、足を付けるのが安全だろうと考えました。

そこで、今回は余った収納用間仕切りから6cm部品を2つ組み合わせて十字型の足も作りました。この足は水槽に置くだけでフレームに固定はしません。

また、フレーム全体を持ち上げて扱う際に便利なように、フレームの左右の適当な位置にテグスで持ち手となるようにループも付けておきました。実際、設置の際はこれがなかなか便利でした。

Result

いまのところ、汚れる要素も無いのでとても綺麗です。

enter image description here

下から眺めるとこんな具合。

enter image description here

Appendix

世界樹計画試作1号機の様子を上から監視できるカメラも取り付けました。

enter image description here

ustreamでテスト配信してみましたが、まだ植物の種すら植えていないので見栄えが微妙ですね^^;

このURLは変わるかもしれませんし、公開配信もいつもしているとも限りません。とりあえずつけっぱなしにしておいてみる動作試験中です。

0 件のコメント:

コメントを投稿