2016年2月15日月曜日

ギターはじめました #1 準備したものと最初のレッスン

ギター、はじめました・w・

はじめに買ったもの

買ったお店: 島村楽器 オンラインストア http://store.shimamura.co.jp/shop/

enter image description here

enter image description here

enter image description here

所感

  • Paciffica 112V の付属品はソフトケースのみ。
    • スタンドを併せ買いしておいてよかった。
  • amplug I/O は動作にPCとサウンド周りの設定が必須。単独では動作しないので注意。
  • amplug にバンドルの JamVOX ははじめてエレキギターを遊ぶには優秀。
    • アンプ?エフェクター?なにそれ?そんな状態でも amplug I/O と JamVOX だけあればギター本体から先のはじめてだと謎のオブジェクトのあれこれはすべてソフトウェアエミュレーションで遊べる。
    • 実物ハードウェアのアンプやエフェクターなどなどは、この JamVOX でなんとなく感覚を理解してからで欲しいと思ったのを買えば良さそう。
  • ふだんPCで使っている UA-4FX があるのでそちらとギターを直結する場合用にシールドケーブル3mも購入。
    • amplug I/O いらないのでは、などと思えるかもしれないけれど、どちらかというと amplug I/O の本体はバンドルの JamVOX のライセンスだと思う@w@
    • 実際、 UA-4FX をもしも、持っているなら amplug I/O 本体抜きでシールドケーブルを UA-4FX に直結してしまった方が JamVOX で遊ぶには楽だったりする。 amplug I/O 本体を使うと乾電池 or USBバスパワーのパワー供給でケーブル増えちゃうから。

JamVOX は↓のような具合で amplug I/O ではなく UA-4FX を直接 ASIO で使う事もできる。もちろん、この場合のハードウェア構成はエレキギターにシールドケーブルで UA-4FX のギター入力を直結の状態。

enter image description here

ギターレッスンのサービスに登録

enter image description here

ぐぐると1ヶ月分が 25% OFF のクーポンが見つかるので、とりあえず1ヶ月分で登録してみた。おおよそというかすべて英語のサービスなんだけど、なんだか良さそうなので。

レッスン

jam play からビギナー向けの Brendan Burns の Introductory Guitar Part 1 を見てギターの取り扱いについて初歩のお勉強を開始。

  • Brendan Burns : Introductory Guitar Part 1
    • 1- Series Introduction
    • 2- Names of the Strings

今回覚えたこと

  • 弦の番号
    • 細い方から、1弦、2弦、3弦、4弦、5弦、6弦
  • チューニングの仕方
    • 太い方(音の低い方)から、 6弦:E、5弦:A、4弦:D、3弦:G、2弦:B、1弦:E
  • 左手の基本の使い方
    • 親指は使わないよ
    • 1:人差し指、2:中指、3:薬指、4:小指 の対応で弦に構えるよ

チューニングも JamVOX さまさま↓。ピッチもぴったり簡単に合わせられました。

enter image description here

次回は 3- Chrds からお勉強しようと思います。

さしあたり、エレキギター(本体と愉快な仲間たち)をセットアップし、単音でメロディーを爪弾く事はできるようになりました。

だそく

好きなエレキギターのスタイルはメタルでディストーションばりばりです。憧れのアーティストは J.S. Bach と Beethoven です。

0 件のコメント:

コメントを投稿