2016年4月12日火曜日

食べログ、最低だな。

食べログ、使うの止めました。

最近確認して気づいたのですが、昨晩までに以下の様な事態になっておりました。

  • 書いたレビューが何件も何の連絡も無く勝手にいつのまにか消滅させられている。
    • いずれも高評価した覚えがある
    • いずれも500文字以上書いていた覚えがある
    • いずれもタイトルは未記入にされている
    • いずれも本文は完全に削除されている
    • いずれも写真が完全に消滅あるいは8割ほど削除されている
    • 評価の☆だけ残っているものもあるが評価が削除されているものもあった
    • 未記入レビューどころか完全にレビューした痕跡すら削除されているものも複数あった

近年、いままでにも何度か「正直なレビュー」を書いた場合にやってきた「下書き戻しの刑」ではない。いつの間にか、わたしの想い出がしれっと消されていた。ちなみに、「下書き戻しの刑」なら以下の様な連絡が来る。

兎@菟茶楼 様

日頃は食べログをご利用いただき、誠にありがとうございます。
また、このたびは突然のご連絡を失礼致します。

食べログサポートです。

ご投稿いただきました口コミに関しまして、
ご連絡させていただきました。

ご投稿いただいておりますところ、大変恐縮ではございますが、
 下記の口コミにつきましては、利用規約に該当して
 おりましたため、下書き状態へ変更させていただきました。

お手数をお掛けしますが、下記の内容をご確認いただき、
口コミのご修正をお願い致します。

 【ご確認いただきたい内容】
  ■店名:「 焼鳥魂 わだ家」「FABcafe」「ジョーティ」「円山一BAR 」
     「サムライ煎兵衛」「北の漬物庵」「和」「京都鳥せゑ 札幌本店」
     「バーガー&パンケーキ ラナ 11」「活一鮮 南3条店」
     「ミカサノ食堂」「フランダースのいぬ」

  ■該当箇所:「(2016年4月、食べログは終了して Retty へ移住しました)

食べログに書いていたレビュー、高評価で文字数も十分、文句もつけていないし、普通に現在も営業しているお
店のレビューを3件以上、いつの間にか通知も無く、勝手に削除されていました。さすがにわたし、怒り心頭で
 す。

食べログに対してはこれまでも酷い店をありのままに書いた場合などに下書き戻しの警告を私が思うには不当に
 される事もあり、またどうも信用ならない事もあり苛つく事はありましたが、それでも耐えて使ってきました。
しかし、まさかこのような謎の削除をしてくるとはもはや取り返しの付かない怒りへと達しました。

プレミアムも即解約、完全に更新を停止して食べログのアカウントは事実上の放棄とする事に致しました。

なお、2016年4月以降は Retty へ移り住み自由に美味しい写真と食べ歩き日記を継続しておりますので、みなさ
まこれからもよろしくお願い致します。 https://retty.me/ へ Usagi Ito は移り住んでおります。」

  ■該当内容:
  「利用規約」
   ・お食事をされた店舗様とは直接関係のない、食べログの運営に
   関する内容や、口コミの修正に関する内容を書き込まれることは、
    ご遠慮いただいております。

 <利用規約ページ>
http://user-help.tabelog.com/rules/

<口コミ修正先URL>
http://tabelog.com/redirector/mobile_mapping?rdc=rvwr/rvw&rda=draft_lst&pal=japan

食べログは、お食事をした際の主観的な感想・意見を共有する口コミサイト
のため、ユーザー様がお店を選ぶ際の参考になる・信頼できるサイトを
維持することを目的としております。 

また、ユーザー様の口コミが起因となり、ユーザー様とお店との間でトラブル
が発生することは、弊社として本意ではなく、健全なコミュニティサイト
としてご利用いただくため、本ガイドラインの遵守に
ご協力いただきますようお願い致します。

ご不明な点などございましたら、お気軽にご連絡ください。
今後とも食べログをご愛顧のほど、よろしくお願い致します。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
食べログ:ランキングと口コミで探せるグルメサイト
URL:http://tabelog.com
 e-mail:tabelog_support@tabelog.com
株式会社カカクコム
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

これは今回の事態に対して、怒り心頭のわたしが昨晩、食べログにまだ残されていたここ数年、札幌へ移住してから書いたレビュー記事に対して食べログの不可解極まりないしれっと削除の実体と、私の食べログレビュワーとしての終了宣言、そして Retty への移住をこれまでレビューを見たりいいねをくれた方へ少ない時間でもお別れのつもりも込めて書いたものでした。(生き残った記事すべてに挿入するのは面倒だったのでしれっと削除を免れていた近年の記事だけに入れた。その間も、つい先日書いたはずのレビューも消されている事に気づき大変悲しみました。)

これに対して食べログが「下書き戻しの刑」を課してくるであろう事は予想していましたが、そもそも悪評を書いたわけですら無い好意的なレビューを多数しれっと削除された怒りのもと、先に仕掛けられた喧嘩に対してさり際の最後の構えと言った趣でございました。

多くの美味しい料理の写真と想い出をこのような事になる「食べログ」などに記録した事は私の人生の失敗でした。ずっと自分のブログに書いてあげていればよかった。食べる事が大きな生きがいの私にとって、その想い出や交流の場に起きた悲しみは深いものがあります。

・・・それにしても、勝手に強制削除については最後まで何一つ触れずに的な「下書き戻しの刑」を通知してくるだけのナカノヒトってどんな神経しておられるのでしょうね。「食べログ"サポート"」とは。まあ、所詮はピンからキリまで同じ穴の狢のような連中の組織なのでしょう。ユーザーの美味しい、楽しい、嬉しい、そういった事はもとよりどうだってよくて、想い出を踏み躙る事も躊躇わず、巧い保身とカネカネキンコ再優先なのでしょう。

私は、私の善き想い出(繰り返すが消されたレビューや写真に一般的に悪い表現のレビューを書いた覚えはない)に対し信用の損失どころか無用に攻撃的なまでの謎の行動を行った食べログを呪いたいと思う。滅べ。

0 件のコメント:

コメントを投稿